コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロスドッキング くろすどっきんぐcross‐docking

1件 の用語解説(クロスドッキングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

クロスドッキング

小売業の物流センターに入庫した商品をすぐに店別に仕分けし、荷合わせをして出庫するシステム。小売業の物流センターは、一定期間の保管・在庫を行うディストリビューション・センター(DC)と、基本的には在庫を置かず仕分け機能を重視するトランスファー・センター(TC)とに分かれるが、欧米ではDCが、日本では通過型のTCがほとんど。従って、欧米においてはECR(efficient consumer response=効率的消費者対応)の試みの一環として、在庫の圧縮と発注から納品までのリードタイム短縮のためにクロスドッキングが注目された。これに対し、日本では以前からTCにおいてクロスドッキングが実践されていたが、必ずしも全体の物流合理化を意図したものではなく、メーカー卸売業者に過重負担を負わす結果となる場合もみられる。

(懸田豊 青山学院大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロスドッキングの関連情報