クロスハンド(ライズアップ)(読み)cross hand rise up 

パラグライダー用語辞典の解説

クロスハンド(ライズアップ)

進行方向に対しパイロットが後向きに立ちライズアップする方法で、後ろを向いている為、ブレークコードの操作が逆になり、両手をクロスさせてライズアップさせる事から呼ばれた。このライズアップの方法は両手をクロスさせないでブレークコードをクロスさせる方法、或いはクロスさせないで操作し、フロントを向いた後にブレークコードを持ち替える方法など複数の方法が有るが、両手のクロスに関わらず、後向きでライズアップする方法の総称としてクロスハンドライズアップと呼ばれている。後向きの為、リバース(ライズアップ)とも言う。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android