クロスプロセス(読み)くろすふろせす,くろすぷろせす

カメラマン写真用語辞典「クロスプロセス」の解説

クロスプロセス

 撮影したリバーサルフィルムを、わざとネガフィルム用の現像液で現像することで (あるいはその逆に、カラーネガフィルムをリバーサルフィルムの現像液で現像することで)、結果として元の色とは異なるド派手な色合いや高いコントラストなど現実とかけはなれた像となって現れる。あえてそれを楽しむ手法として銀塩時代から一部のマニアに人気がある。  最近では、デジタル画像にも同じ効果を与えることが簡単にできるよう、ソフトウェアにプリセットでクロスプロセスが入っていたり、カメラの撮影モードやフィルターにクロスプロセスが入っていたりする。後者をあえて デジタル・クロスプロセス として呼び分ける人もいる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android