コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現像液 ゲンゾウエキ

百科事典マイペディアの解説

現像液【げんぞうえき】

写真の現像を行うための薬液。一般には感光したハロゲン化銀粒子を銀に還元させる現像主薬(メトール,ヒドロキノン,フェニドン,ピロガロールアミノフェノールなど),無効な主薬の酸化を防止する現像保恒剤(亜硫酸ナトリウムなど),現像促進剤(炭酸ナトリウム,ホウ砂など),カブリを防止する現像抑制剤(臭化カリウムなど),その他の添加剤などを溶媒に溶かして調製する。
→関連項目停止液

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

げんぞうえき【現像液】

写真の現像に用いる溶液。現像主薬(メトール・ヒドロキノンなどの還元剤)とその作用を助ける現像助剤などからなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の現像液の言及

【現像】より

…撮影し,露光したフィルムや焼付け露光を終わった印画紙はそのままではまだ目に見える画像を作っていない。この状態ではフィルムや印画紙に潜像ができているので,潜像を化学的に還元する作用をもった現像液で処理することによって目に見える画像が現れる。この処理が現像である。…

※「現像液」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

現像液の関連キーワードウィリアム・D.W. アブニデジタル・クロスプロセスレイナー効果(写真)レチキュレーションコスチンスキー効果蛍光浸透探傷検査カラーフィルム苔癬/扁平苔癬クロスプロセスフォトレジストディベロッパーPQ 現像液MQ 現像液PQ現像液カテコール微粒子現像MQ現像液池田(市)アミドール紫外線写真

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android