クロロパラジウム酸塩(読み)クロロパラジウムさんえん(英語表記)chloropalladate

世界大百科事典 第2版の解説

クロロパラジウムさんえん【クロロパラジウム酸塩 chloropalladate】

酸化数+IIおよび+IVの化合物が知られている。
[テトラクロロパラジウム(II)酸塩]
 化学式MI2[PdCl4](MIは1価陽イオン)。塩化パラジウム(II)と金属の塩化物との混合水溶液を加熱蒸発すると得られる。一般に黄色または褐色の結晶。ナトリウム塩は水に易溶,エチルアルコールにも溶ける。[PdCl4]2-は極性溶媒中では溶媒和して6配位構造をとっている。ナトリウム塩Na2[PdCl4]は褐色の潮解性結晶

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android