コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クワジャリン環礁 クワジャリンかんしょう

2件 の用語解説(クワジャリン環礁の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クワジャリン環礁【クワジャリンかんしょう】

中部太平洋マーシャル諸島共和国西部,ラリック列島中にある環礁。多数の小環礁が連なり内側に最大幅25km,長さ110km余の広いラグーンを抱く良港をなし,日本の委任統治領であったが,第2次大戦後米国信託統治領となり,海軍の航空基地が建設された。
→関連項目マーシャル諸島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クワジャリンかんしょう【クワジャリン環礁 Kwajalein Atoll】

太平洋中西部,マーシャル諸島中央部にある世界最大の環礁。クウェジェリン島ともいう。礁湖面積約1600km2。約90のサンゴ礁島から成り,面積16km2。太平洋戦争前は日本の委任統治領で,戦後,アメリカの国連信託統治領となった。アメリカは統治を始めて間もなく,環礁最南端のクワジャリン島に巨大なレーダー基地とミサイル基地を建設した。1986年にマーシャル諸島が独立してからも米軍の重要な戦略基地となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone