コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンドゥーズ Kundūz

世界大百科事典 第2版の解説

クンドゥーズ【Kundūz】

アフガニスタン北部,同名州の州都。人口10万8000(1988)。以前は森林におおわれた湿地帯で,〈死にたければクンドゥーズへ行け〉という諺(ことわざ)があったが,1935年に製綿会社が設立されてから発展した。製綿会社は綿実油,陶器,ホテルの部門ももち,この国有数の大企業である。南につらなるバグラーン,プリ・フムリーとともに工業地帯を構成している。タジキスタンとの国境までわずか60kmという位置からも,重要性は大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android