コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿実油 めんじつゆcottonseed oil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿実油
めんじつゆ
cottonseed oil

ワタの種子から得られる半乾性油。種子を蒸し,圧力をかけて油をしぼり取る。粗製油は褐色または緑褐色,精製油は淡黄色または無色で無臭パルミチン酸オレイン酸リノレン酸アラキジン酸などを含む。冷却して固脂分を除いたものをウィンターオイル,除かないものをサマーオイルという。主産地はアメリカ,インド,エジプト食用としてマーガリンサラダ油原料とされるほか,石鹸,硬化油などの原料に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

綿実油

 アオイ科の一年草ワタの種子からとる油.精製して食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めんじつゆ【綿実油 cotton seed oil】

ワタの種子から圧搾抽出法で採取,精製した液状油。種子の含油率は15~35%,核の部分は34~39%。油は半乾性油に属し,飽和脂肪酸含有のグリセリドが他の植物油に比べて比較的多く含まれ,常温で固形脂を析出する。融点4~-6℃,比重d415=0.912~0.932,屈折率nD20=1.472~1.477,ケン化価189~199,ヨウ素価88~121。脂肪酸組成の一例はリノール酸53%,パルミチン酸27%,オレイン酸17%,ステアリン酸3%である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

めんじつゆ【綿実油】

ワタの種子を圧搾して得た半乾性油。パルミチン酸・リノール酸・オレイン酸などを含む。食用のほか、石鹼・硬化油・減摩剤などの製造に用いる。わたあぶら。わたのみゆ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綿実油
めんじつゆ
cotton seed oil

綿繊維をとったあとの綿実から得られる半乾性油。ワタの主産地はアメリカ、インド、中国である。圧搾溶剤抽出法で採油する。種子の含油量15~35%、核の含油量35~40%。融点4~零下6℃。ヨウ素価90~120。けん化価190~200。成分脂肪酸は、リノール酸35~55%、オレイン酸15~35%、固体脂肪酸20~30%。固体脂肪酸が相当量存在するから、冷却してこれを析出させ、濾過(ろか)すれば、ウィンターオイルを得る。主として食用油として用いられる。またマーガリンにも使用される。油かすは良好な肥料となる。[福住一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の綿実油の言及

【食用油】より

サラダ油は,加熱せずにそのままサラダドレッシング類に用いるため,なまでも風味がよく,低温でも凝固せぬようにつくられている。ダイズ油,ナタネ油のほか,綿実油,トウモロコシ油も用いられる。 植物性食用油を原料別にみると,次のようになる。…

※「綿実油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

綿実油の関連キーワードロートン(アメリカ合衆国)マルセルセッケン(石鹸)カフルアッザイヤトそうめん(素麺)リベイランプレトロッキーマウントパイン・ブラフショートニングオイルサージンミートガムルクンドゥーズマサテナンゴザカージークブライアンクリャープタスキーギスクワレンチカシェーメンフィスオリーブ油

綿実油の関連情報