コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿実油 めんじつゆ cottonseed oil

7件 の用語解説(綿実油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿実油
めんじつゆ
cottonseed oil

ワタの種子から得られる半乾性油。種子を蒸し,圧力をかけて油をしぼり取る。粗製油は褐色または緑褐色,精製油は淡黄色または無色で無臭。パルミチン酸オレイン酸リノレン酸アラキジン酸などを含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めんじつ‐ゆ【綿実油】

ワタの種子を圧搾して得る半乾性油。リノール酸オレイン酸パルミチン酸などを含む。食用油やマーガリン・石鹸(せっけん)などの原料とする。わたのみあぶら。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

綿実油【めんじつゆ】

ワタの種子から得られる半乾性油主として圧搾法で採油。未精製油は赤褐色で蛍光を発するが,精製油は黄色で良好な風味がある。主成分リノール酸オレイン酸飽和脂肪酸など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

綿実油

 アオイ科の一年草ワタの種子からとる油.精製して食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

めんじつゆ【綿実油 cotton seed oil】

ワタの種子から圧搾抽出法で採取,精製した液状油。種子の含油率は15~35%,核の部分は34~39%。油は半乾性油に属し,飽和脂肪酸含有のグリセリドが他の植物油に比べて比較的多く含まれ,常温で固形脂を析出する。融点4~-6℃,比重d415=0.912~0.932,屈折率nD20=1.472~1.477,ケン化価189~199,ヨウ素価88~121。脂肪酸組成の一例はリノール酸53%,パルミチン酸27%,オレイン酸17%,ステアリン酸3%である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めんじつゆ【綿実油】

ワタの種子を圧搾して得た半乾性油。パルミチン酸・リノール酸・オレイン酸などを含む。食用のほか、石鹼・硬化油・減摩剤などの製造に用いる。わたあぶら。わたのみゆ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綿実油
めんじつゆ
cotton seed oil

綿繊維をとったあとの綿実から得られる半乾性油。ワタの主産地はアメリカインド、中国である。圧搾溶剤抽出法で採油する。種子の含油量15~35%、核の含油量35~40%。融点4~零下6℃。ヨウ素価90~120。けん化価190~200。成分脂肪酸は、リノール酸35~55%、オレイン酸15~35%、固体脂肪酸20~30%。固体脂肪酸が相当量存在するから、冷却してこれを析出させ、濾過(ろか)すれば、ウィンターオイルを得る。主として食用油として用いられる。またマーガリンにも使用される。油かすは良好な肥料となる。[福住一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の綿実油の言及

【食用油】より

サラダ油は,加熱せずにそのままサラダドレッシング類に用いるため,なまでも風味がよく,低温でも凝固せぬようにつくられている。ダイズ油,ナタネ油のほか,綿実油,トウモロコシ油も用いられる。 植物性食用油を原料別にみると,次のようになる。…

※「綿実油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

綿実油の関連キーワード層化抽出法大豆油菜種油任意抽出法綿油精製糖融出法連続抽出法米ぬか油(米糠油)ナタネ油(菜種油)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

綿実油の関連情報