コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グアルディニ

百科事典マイペディアの解説

グアルディニ

ドイツのカトリック神学者。イタリアのベローナ生れ。ベルリンをはじめ各地の大学教授を歴任し,第1次大戦後はカトリック青年運動,典礼刷新運動を指導した。著書《典礼の精神》(1918年),《近代の終末》(1950年)など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グアルディニ【Romano Guardini】

1885‐1968
ドイツのカトリック神学者,思想家。イタリアのベローナ生れ。1910年カトリック司祭となり,39年ナチスにより追放されるまでベルリンなどの大学で宗教学教授。第2次大戦後もチュービンゲン,ミュンヘン大学教授をつとめた。カトリック青年運動,典礼刷新運動の指導者として知られるが,文明論などにも多くの著書を残した。《典礼の精神》(1918),《近代の終末》(1950),《ソクラテスの死》(1968)など。【高柳 俊一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グアルディニの関連キーワードカール ラーナーラーナー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android