コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラゴル文字 グラゴルもじ Glagolitic alphabet

1件 の用語解説(グラゴル文字の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラゴル文字
グラゴルもじ
Glagolitic alphabet

9世紀にギリシアキリスト教伝道者キュリロスとメトディオスが考案したとされるアルファベット。大部分ギリシア文字を母体とする。キリル文字と並んで古期教会スラブ語の表記に用いられた。その後もスラブ圏西部のカトリックの影響が強い地域で 17世紀頃まで用いられていたが,ローマ字に取って代わられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラゴル文字の関連キーワードキリスト教文学キリスト教会キリスト教徒伝道師マラッカのキリスト教会中東とキリスト教沢崎堅造松村里子タティアノステオドレトス[キュロスの]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone