コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラズコボ文化 グラズコボぶんかGlazkovo culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラズコボ文化
グラズコボぶんか
Glazkovo culture

ロシア,バイカル地方における初期青銅器時代の文化。イルクーツク市郊外グラズコボで最初に発見されたのでこの名がある。 1887年に,初めて N.I.ビトコフスキーによって発掘調査された。 1934~39年にかけて,この文化についての広範な調査が,A.オクラドニコフによって行われ,前 1800~1300年と比定された。バイカル地方における最初の金属器の出現であり,まず銅製品が現れたのち,青銅製品,石器や骨角器の模造 (柳葉形ナイフ,釣針など) が現れる。同時に,玉製磨製石斧,平らな基部をもつ石鏃なども存在する。また扁平な牙偶,岩偶も存在する。この文化に特徴的な要素は,シベリア森林地帯の住民の近代の文化にも現れ,エベンキ族ユカギール族のフロック型の衣服,直線的な幾何学文様や神話に認められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android