コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラン・ディクサンス・ダム barrage de Grande‐Dixence

世界大百科事典 第2版の解説

グラン・ディクサンス・ダム【barrage de Grande‐Dixence】

スイスのローヌ川上流の支流ディクサンス川に1962年に完成した重力ダム。高さは284mで,コンクリートダムとしては世界最高。堤頂長700m,堤体積600万m3,満水面は海抜2364m,貯水量4億m3で84万kWの発電能力をもつ。1953年に工事を始めたときは15~17年かかると見積もられていたが,1年間に100万m3のコンクリートを打ち込めるように改善したので8年で完成した。大ダムなので工事中途から供用を開始したが,そのため後から打ち込むコンクリートに貯水池の水圧がかからぬようにすきまを設けて立ち上げ,最後にそのすきまをつめるなど,特殊な工法が用いられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグラン・ディクサンス・ダムの言及

【ダム】より

… なお,堤体には15m間隔に横継目(目地)を設けるが,これは新しく打ち込んだコンクリートのセメントが,硬化する際の発熱(40~50℃になる)によるひび割れが他の部分にできないようにするためであり,ここから漏水しないように銅板などの止水板を埋め込んである。代表的な重力ダムとしてはグラン・ディクサンス・ダム(スイス。高さ285m)が最高で,シャスタ・ダム(アメリカ。…

※「グラン・ディクサンス・ダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android