コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラースブレンナー Adolf Glassbrenner

世界大百科事典 第2版の解説

グラースブレンナー【Adolf Glassbrenner】

1810‐76
ドイツの詩人,ジャーナリスト。筆名Adolf Brennglas。ベルリンに生まれ同地で死去。代表作《ベルリン,その裏表》(1832‐50)などの連作で,最下層の人たちの日常生活を軽妙な筆致で描き,三月革命期には,《自由新聞》の発刊などプロイセンの支配権力とまっこうから戦う。《新ライネケ狐》(1846),《おかしな民衆カレンダー》(1846‐67)などが知られ,庶民の暮しに根ざしたユーモラスな作品を革命の挫折後も書き続けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グラースブレンナーの関連キーワードビーダーマイアー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android