コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏表 ウラウエ

デジタル大辞泉の解説

うら‐うえ〔‐うへ〕【裏表】

裏と表が入れ替わること。あべこべ。反対。
「其言葉とは―に」〈花袋・生〉
裏と表。
「墨のいと黒う、薄く、くだり狭(せば)に、(紙ノ)―書き乱りたるを」〈・二九四〉
前後・左右・上下など相対する物事の両方。あちらこちら。
「ふたりを―に置きてこそなぐさみつるに」〈平家・一二〉

うら‐おもて【裏表】

物の表面と裏面。「紙の裏表
表面に現れている事柄と、裏に隠されている事情。表面と内情。「業界の裏表に通じている」
一つの事柄が呈する、一見異なって見える二つの様相。「過保護も放任も親の自信の無さの裏表である」
人の見ているところと見ていないところとで、態度・行動が違うこと。かげひなた。「裏表のある人間」
裏を表側にすること。裏返し。「靴下を裏表にはく」
裏と表ほどかけ離れていること。全然違うこと。正反対。
「其の事は愚僧も聞いていまするが、世間の沙汰とは―」〈浄・八百屋お七

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらうえ【裏表】

うらとおもて。 「夫の詞少きとは-にて、この媼はめづらしき饒舌じようぜつなり/即興詩人 鷗外
上下・前後・左右など相対するものの両側。 「 -に二ならびに居なみたる鬼、かずをしらず/宇治拾遺 1
うらとおもてとを逆にすること。うらがえし。うらおもて。 「祭の日は-の色なり/栄花 殿上の花見

うらおもて【裏表】

うらとおもて。
うらをおもて側にすること。裏返し。 「シャツを-に着る」
内面と外に現れたものとが合わないこと。かげひなた。表裏ひようり。 「 -のない人」
表面と内情。表裏。 「政界の-に通じた人物」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

裏表の関連キーワード背中合わせ・背中合せグラースブレンナー両面染め・両面染日本図書コード心無し・裏無しメビウスの帯裏焼き・裏焼児手柏・側柏両面テープディスコン一の裏は六入り違える三升屋四郎コイントス絵本番付中村真綾四十八手秩父銘仙背中合せ名残の折

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏表の関連情報