コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏表 ウラウエ

4件 の用語解説(裏表の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うら‐うえ〔‐うへ〕【裏表】

裏と表が入れ替わること。あべこべ。反対。
「其言葉とは―に」〈花袋・生〉
裏と表。
「墨のいと黒う、薄く、くだり狭(せば)に、(紙ノ)―書き乱りたるを」〈・二九四〉
前後・左右・上下など相対する物事の両方。あちらこちら。
「ふたりを―に置きてこそなぐさみつるに」〈平家・一二〉

うら‐おもて【裏表】

物の表面と裏面。「紙の裏表
表面に現れている事柄と、裏に隠されている事情。表面と内情。「業界の裏表に通じている」
一つの事柄が呈する、一見異なって見える二つの様相。「過保護も放任も親の自信の無さの裏表である」
人の見ているところと見ていないところとで、態度・行動が違うこと。かげひなた。「裏表のある人間」
裏を表側にすること。裏返し。「靴下を裏表にはく」
裏と表ほどかけ離れていること。全然違うこと。正反対。
「其の事は愚僧も聞いていまするが、世間の沙汰とは―」〈浄・八百屋お七

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うらうえ【裏表】

うらとおもて。 「夫の詞少きとは-にて、この媼はめづらしき饒舌じようぜつなり/即興詩人 鷗外
上下・前後・左右など相対するものの両側。 「 -に二ならびに居なみたる鬼、かずをしらず/宇治拾遺 1
うらとおもてとを逆にすること。うらがえし。うらおもて。 「祭の日は-の色なり/栄花 殿上の花見

うらおもて【裏表】

うらとおもて。
うらをおもて側にすること。裏返し。 「シャツを-に着る」
内面と外に現れたものとが合わないこと。かげひなた。表裏ひようり。 「 -のない人」
表面と内情。表裏。 「政界の-に通じた人物」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裏表の関連情報