コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏表 ウラウエ

4件 の用語解説(裏表の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うら‐うえ〔‐うへ〕【裏表】

裏と表が入れ替わること。あべこべ。反対。
「其言葉とは―に」〈花袋・生〉
裏と表。
「墨のいと黒う、薄く、くだり狭(せば)に、(紙ノ)―書き乱りたるを」〈・二九四〉
前後・左右・上下など相対する物事の両方。あちらこちら。
「ふたりを―に置きてこそなぐさみつるに」〈平家・一二〉

うら‐おもて【裏表】

物の表面と裏面。「紙の裏表
表面に現れている事柄と、裏に隠されている事情。表面と内情。「業界の裏表に通じている」
一つの事柄が呈する、一見異なって見える二つの様相。「過保護も放任も親の自信の無さの裏表である」
人の見ているところと見ていないところとで、態度・行動が違うこと。かげひなた。「裏表のある人間」
裏を表側にすること。裏返し。「靴下を裏表にはく」
裏と表ほどかけ離れていること。全然違うこと。正反対。
「其の事は愚僧も聞いていまするが、世間の沙汰とは―」〈浄・八百屋お七

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うらうえ【裏表】

うらとおもて。 「夫の詞少きとは-にて、この媼はめづらしき饒舌じようぜつなり/即興詩人 鷗外
上下・前後・左右など相対するものの両側。 「 -に二ならびに居なみたる鬼、かずをしらず/宇治拾遺 1
うらとおもてとを逆にすること。うらがえし。うらおもて。 「祭の日は-の色なり/栄花 殿上の花見

うらおもて【裏表】

うらとおもて。
うらをおもて側にすること。裏返し。 「シャツを-に着る」
内面と外に現れたものとが合わないこと。かげひなた。表裏ひようり。 「 -のない人」
表面と内情。表裏。 「政界の-に通じた人物」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裏表の関連キーワード銀鏡ノーカーボン紙地面盤面裏面地肌表面発酵法ギブスの弾性表面光電効果

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裏表の関連情報