コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリセロリン脂質

1件 の用語解説(グリセロリン脂質の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

グリセロリン脂質

 以前ホスファチドといった.グリセロリン酸を骨格としてもつリン脂質の総称.ホスファチジルコリンなど.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグリセロリン脂質の言及

【脂質】より

…空気中でも変化しにくく,動物の皮膚,毛皮,羽毛,植物の葉や果実に,また多くの昆虫の外骨格の保護膜として見いだされる。
[グリセロリン(燐)脂質glycerophospholipid]
 複合脂質の中で最も重要で,かつ多量に存在する。生体膜の主要脂質成分であり,膜以外に存在することはまれである。…

※「グリセロリン脂質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グリセロリン脂質の関連キーワードカルジオリピングリセロリン酸セファリンホスファチドホスホリパーゼグリセロールリン酸ジホスファチジルグリセロールホスファチジルセリン卵黄リゾレシチンリゾレシチンアシルトランスフェラーゼ