グループ療法(読み)グループリョウホウ

デジタル大辞泉の解説

グループ‐りょうほう〔‐レウハフ〕【グループ療法】

同じ病気で苦しむ人、同じような悩みを持つ人が集まり、医師看護師臨床心理士などを中心にそれぞれの悩みを率直に話し、聞く会。心の負担を軽くし、病気の予後、人間関係の改善などに役立つ。1グループ10人前後、週1回程度が効果的とされる。集団心理療法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グループ療法の関連情報