コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予後 よご

妊娠・子育て用語辞典の解説

よご【予後】

病気や手術の後、どの程度回復するか見通しを指す言葉です。「予後がよい」は後遺症などもなく回復していくこと、「予後が悪い(不良)」は、死亡したり重い後遺症を残すケースが少なくないことを指します。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よ‐ご【予後】

病気・手術などの経過または終末について、医学的に予測すること。→生命予後機能予後
病気の治癒後の経過。「予後を大切にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

予後

生命予後。予後がよくない、というと、生存率が低いことを意味する。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よご【予後 prognosis】

ギリシア語のpro(〈あらかじめ〉の意)とgnōsis(〈知識〉の意)から生じた言葉で,医学上は,ある疾患に罹患したとき,将来どのような経過あるいは終末をとるかを予測することをいう。また俗には病後の経過をさしていう。おそらく予後は,どんな疾患に罹患した場合でも,患者にとって最も知りたいことであろう。同じ疾患にも軽重があり,患者の側でも,体質や種々の社会的条件による違いがある。そこで,予後の判定にあたっては,正確な診断はもちろんのこと,患者の体質や職業,生活環境なども考慮に入れてなされなければならない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よご【予後】

病気の経過についての医学的な見通し。または、余命。
俗に、病気が治ったあとの経過。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予後
よご
prognosis

ヒポクラテスの頃から用いられている医学用語。ギリシア語のプロ pro (前もっての) とグノーシス gnōsis (知識) の合成語。ある病気の確からしい経過の結末をあらかじめ知る (推察する) こと。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

予後
よご
prognosis

ギリシア語のpro(あらかじめ)と、gnosis(知る)から生じたことばで、ある疾患に罹患(りかん)したとき、その後いかなる経過、あるいは終末をたどるかを予測することを意味する。予後は、病因とそれに対する個体の反応、治療方法などが関連して決定されるものである。しかし、病因が不明な疾患も数多くあるほか、病因や治療法に対する生体の反応には個人差が大きいし、いまだに根治療法のみいだせない疾患も多いことなどから、予後の判定が困難である場合も少なくない。近年、コンピュータを含めた統計的処理法の進歩から、疾患に対する多数例についての経過や予後、さらに予後を規定している因子やリスク(危険)因子などに関するデータが数多く報告されるようになったため、より広い視野からの結論が下せるようになっている。[井上義朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

予後の関連キーワードデュビン=ジョンソン症候群イヌ型レプトスピラ症膵管内乳頭粘液性腫瘍チェジアック=東病ウェゲナー肉芽腫症拡張相肥大型心筋症常位胎盤早期剥離ヴィダールの法則アプガーの採点法肺がんの早期発見特発性肺線維症四十肩/五十肩女子深在性紫斑大動脈洞動脈瘤サルモネラ菌先天性心臓病神経芽細胞腫グループ療法ギブソン法則腫瘍マーカー

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

予後の関連情報