コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレイ‐ブラッグの式 Gray-Bragg formula

法則の辞典の解説

グレイ‐ブラッグの式【Gray-Bragg formula】

電離放射線を固体物質などが吸収するときの吸収線量を表す式.「ブラッグ‐グレイの空洞原理」,あるいは「ブラッグ‐グレイの式」ということもある.固体物質中に空洞をつくって特定の気体を封入し,その気体の電離量を測定することで,固体物質の気体に対する吸収線量を求める.気体中の単位質量当たりの電離損失Eg,物質aの単位質量当たりの電離損失を Ea としたとき

EaR(a/g) Eg

と表せる.ここで R(a/g) は固体大気帯の質量阻止能の比である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

グレイ‐ブラッグの式の関連キーワード電離放射線

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android