コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電離放射線 でんりほうしゃせんionizing radiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電離放射線
でんりほうしゃせん
ionizing radiation

荷電粒子である放射線。電子,陽電子μ粒子中間子,陽子,α粒子などの荷電粒子は物質中で顕著な電離作用を行うのでこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんり‐ほうしゃせん〔‐ハウシヤセン〕【電離放射線】

原子分子電離する作用をもつ放射線の総称。高速荷電粒子(α線電子線)や高速中性子などの粒子線、短波長で高いエネルギーをもつ紫外線X線γ線を指す。人間を含む生物体に有害な影響を与えるため、医療・産業分野の放射線に関わる業務において、さまざまな法的規制が設けられている。→非電離放射線

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

電離放射線の関連キーワード電磁波による健康障害グレイ‐ブラッグの式放射線業務従事者突然変異誘起物フィルムバッジ危険有害業務最大許容線量放射線生物学メートル条約電波防護指針ICNIRP電子ボルト放射線障害LD放射線医学亜急性毒性シーベルト慢性毒性放射線科発生毒性

電離放射線の関連情報