コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレガリナ グレガリナ 〈ラテン〉Gregarina

2件 の用語解説(グレガリナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グレガリナ(〈ラテン〉Gregarina)

胞子虫綱真グレガリナ目の原生動物の総称。ネズミ・昆虫の寄生虫などが含まれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレガリナ
ぐれがりな
[学]Gregarina

原生動物のアピコンプレックス門胞子虫綱グレガリナ亜綱真グレガリナ目に属する単細胞動物の属名。ゴキブリハサミムシコオロギなどの昆虫の腸管に普通に寄生している。成熟した生殖母体は一般に大きく、生活史上もっとも目だち、150~400マイクロメートルに達し、こけし形で、先、前、後の3節に分かれている。特別な運動器官はないが、滑走運動が特徴的である。2個の生殖母体による連接を経てガメント(内部で有性生殖のみられる嚢子(のうし))をつくり、その中で有性生殖の結果、8個のスポロゾイトを蔵するオーシスト(接合子嚢――接合子が膜に包まれたもの)を形成する。このオーシスト(種虫(しゅちゅう))を宿主が摂取すると、腸管内でオーシストから脱出したスポロゾイトは、上皮細胞に固着して栄養型となり、これが生殖母体に移行してのち、腸管壁を離脱する。グレガリナ・ブラッタラムG. blattarum、グレガリナ・オバアタG. ovata、グレガリナ・クネアータG. cuneataなどの種がある。[小山 力]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレガリナの関連キーワード後生動物水生動物側生動物吸管虫原虫胎生動物胞子虫マラリア病原虫内胞子虫症微胞子虫目

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone