コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレコの家 グレコのいえ

1件 の用語解説(グレコの家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

グレコのいえ【グレコの家】

スペインのほぼ中央部、首都マドリードの南約70km、カスティーリャラマンチャ州の州都トレド(Toledo)にある、宮廷画家として活躍したエル・グレコ(El Greco、1541~1614年)の家。トレドはグレコゆかりの町である。ギリシアクレタ島出身のグレコは、35歳の頃にスペインへ渡り、トレドに住んで、多くの傑作を残した。彼の住んだ家が、トレド大聖堂から徒歩7~8分ほどの場所に整備されている。中庭のある瀟洒(しょうしゃ)な家で、彼の作品「キリストと12使徒」、「聖ベルナルド・デ・シエナ」、「トレド景観」のほか、16~17世紀頃に活躍したスペインの画家の作品の展示も行われている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレコの家の関連キーワードマドリードアランフェスオリエンテ広場スペイン王宮チンチョンデボ神殿マドリード王宮レティーロ公園マドリガル協奏曲スペイン独立戦争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone