グレコの家(読み)グレコのいえ

世界の観光地名がわかる事典「グレコの家」の解説

グレコのいえ【グレコの家】

スペインのほぼ中央部、首都マドリードの南約70km、カスティーリャラマンチャ州の州都トレド(Toledo)にある、宮廷画家として活躍したエル・グレコ(El Greco、1541~1614年)の家。トレドはグレコゆかりの町である。ギリシアのクレタ島出身のグレコは、35歳の頃にスペインへ渡り、トレドに住んで、多くの傑作を残した。彼の住んだ家が、トレド大聖堂から徒歩7~8分ほどの場所に整備されている。中庭のある瀟洒(しょうしゃ)な家で、彼の作品「キリストと12使徒」、「聖ベルナルド・デ・シエナ」、「トレド景観」のほか、16~17世紀頃に活躍したスペインの画家の作品の展示も行われている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android