コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレート・ノーザン・ネクーサ グレート・ノーザン・ネクーサGreat Northern Nekoosa Corp.

1件 の用語解説(グレート・ノーザン・ネクーサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレート・ノーザン・ネクーサ
Great Northern Nekoosa Corp.

アメリカの紙・パルプメーカー。 1898年ノーザン・ディベロップメントとして設立,その後グレート・ノーザン・ペーパーと改称。 1970年にネクーサ=エドワーズ・ペーパーと合併してグレート・ノーザン・ネクーサに変更。事務・新聞用紙,容器用板紙などの大手メーカーで,子会社バトラー・ペーパーが紙製品の流通業務,メイル=ウェル・エンベロープが封筒製造を行なっていた。また,木材,合板製造,鉄道会社運営なども手がけた。 90年にジョージアパシフィックに買収された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グレート・ノーザン・ネクーサの関連キーワード社会小説火成角礫岩LO写生文タイム東亜同文会博文館憲政党女義太夫片町線

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone