グレード制(読み)ぐれーどせい

知恵蔵の解説

グレード制

中央競馬で行われている重賞レースを、その重要性に応じてGI、GII、GIIIの3段階に格付けする制度がグレード制。最も重要性の高いGIレースは、2006年現在、22レース。1997年からはダート競走格付け委員会が中央・地方のダート交流重賞競走の格付けを決定することになり、それまで各地区独自に行われていた格付けを明確化する統一グレードが設けられた。地方競馬で行われる統一GIレースは、JBCクラシックなど合計10レース。

(須田鷹雄 競馬ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

グレードせい【グレード制】

競馬で、重賞レースを競走体系の中での役割や重要度に応じて三段階に分け、格付けする制度。格の高い順に G Ⅰ・ G Ⅱ・ G Ⅲに分ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グレード制の関連情報