コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GI ジーアイ

7件 の用語解説(GIの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

GI
ジーアイ

アメリカ陸軍の兵士の俗称。陸軍補給部がごみ箱など galvanized iron (亜鉛引き鉄板) の略語として非公式に使っていたが,転じて兵隊靴 G. I. shoesなどの官給品 government issueの略語と解されるようになったのが起源といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジー‐アイ【GI】[government issue]

《government issue(官給品)の意》下士官・兵は衣服その他が官給であるところから、アメリカ兵の俗称。

ジー‐アイ【GI】[geographical indications]

geographical indications》⇒地理的表示

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジーアイ【GI】

官給品government issueからきた言葉。第2次大戦中と戦後のアメリカで,主として陸軍の下士官以下の〈兵隊さん〉の愛称(ときに卑称)として一般に広く使われた。日本でも終戦後の占領時代から朝鮮戦争の時期にかけてGIは街で親しまれ,《GIジョー》の歌や,GIカットの髪形などが流行した。ジーアイ・ビルGI Bill of Rights(兵隊権章)は,第2次大戦後,ヨーロッパアジア太平洋地域の戦線から復員,帰国した軍人に対する特別の援助立法(1944)の通称で,その後,延長・改正されて朝鮮戦争,ベトナム戦争等の軍人にも適用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

GI

〖glycemic index〗

GI

〖Government Issue〗
アメリカ兵の俗称。本来は官給品の意。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

GI
じーあい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

GIの関連キーワード官給GGcoalition governmentgovernment issueGovernment Rubberinternational governmentInvisible Governmentself-governmentnational governmentlocal government

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

GIの関連情報