コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロシン Grocyn, William

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グロシン
Grocyn, William

[生]1446頃. コラーン
[没]1519. メードストーン
イギリスにおける人文主義(→ヒューマニズム)の先駆者。1488年イタリアに渡り,ロレンツォ・デ・メディチの子供たちとともにギリシア語を学ぶ。1491年イギリスに戻るとオックスフォード大学で 5年間ギリシア語を教えた。のちにロンドンへ移り,オランダの人文主義者デシデリウス・エラスムスと交わる人文主義者たちに加わった。イギリスで最初にギリシア語を教えた人といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グロシンの関連キーワードトナー用色素

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android