グローバル・IPアドレス(読み)グローバル アイピー アドレス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

グローバル・IPアドレス

インターネットに接続した機器に割り当てられた世界固有のIPアドレス。インターネット上の住所に相当し、インターネットで通信する機器を識別するために必要になる。ICANN(the Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)という組織によって管理されており、ユーザーには、レジストリーと呼ばれるネットワーク管理組織から、ISPを通じて割り当てられる。通常、インターネット回線には1契約で1個のグローバル・IPアドレスが割り当てられ、複数台のパソコンや通信機器をインターネットに接続する場合は、家庭や社内のLAN内だけで使えるプライベート・IPアドレスを使うのが一般的。現在使われているIPアドレスは、IPv4というプロトコルの32ビットのアドレスで、0~255の4つの番号をドット(.)で区切った値で表す。IPv4で割り当てられるアドレスの数は約43億個と限られているため、インターネットの普及により、2011年にはIPアドレスが枯渇すると言われている。この問題を解決するために128ビットのIPv6プロトコルへの移行が期待されるが、現在はまだ普及が進んでいない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android