コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ砂 けいしゃ silica sand

1件 の用語解説(ケイ砂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ砂
けいしゃ
silica sand

石英の砂鉱。磁器や実用ガラスの主要成分であるケイ酸分の原料。ケイ石粉と天然ケイ砂があり,天然ケイ砂は花崗岩が風化したもので海岸でとれる海岸砂と山でとれる山砂とがある。海岸砂のほうが不純物が少い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケイ砂の言及

【鋳物砂】より

…これらの条件を備えた砂粒として次のようなものがある。(1)山砂 ケイ砂と粘土鉱物が天然に混在したもので,そのまま,あるいは粘土分を調整して鋳物砂として使う。(2)ケイ砂 ケイ酸SiO2を主成分とする酸性酸化物。…

【黒山諸島】より

…周囲はタチウオ,イワシの漁場であり,ノリの養殖なども行われている。ケイ砂の産地として知られている。【谷浦 孝雄】。…

※「ケイ砂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケイ砂の関連キーワードガラス工芸砂鉱シリカガラス理化学用ガラスガラスの絆ガラスの塔ガラスの密室ガラスの村グリアジンガラス砂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケイ砂の関連情報