コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ砂 けいしゃsilica sand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ砂
けいしゃ
silica sand

石英の砂鉱。磁器や実用ガラスの主要成分であるケイ酸分の原料。ケイ石粉と天然ケイ砂があり,天然ケイ砂は花崗岩が風化したもので海岸でとれる海岸砂と山でとれる山砂とがある。海岸砂のほうが不純物が少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のケイ砂の言及

【鋳物砂】より

…これらの条件を備えた砂粒として次のようなものがある。(1)山砂 ケイ砂と粘土鉱物が天然に混在したもので,そのまま,あるいは粘土分を調整して鋳物砂として使う。(2)ケイ砂 ケイ酸SiO2を主成分とする酸性酸化物。…

【黒山諸島】より

…周囲はタチウオ,イワシの漁場であり,ノリの養殖なども行われている。ケイ砂の産地として知られている。【谷浦 孝雄】。…

※「ケイ砂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケイ砂の関連キーワード炭化ケイ素(炭化珪素)モングンポ(夢金浦)気泡コンクリート製品流動自硬性鋳型法シェルモールド法カーボランダムゼーゲルコーン光学ガラス工業カヤ(伽倻)山セントヘレンズケイ酸塩ガラストウエンソウメディチ磁器ソーダガラス温泉津[町]セメント原料瀬戸[市]非金属鉱業磨きガラス炭化ケイ素

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android