コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ素青銅 ケイそせいどうsilicon bronze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ素青銅
ケイそせいどう
silicon bronze

ケイ素は 400℃で銅に約4%固溶する。ケイ素を 0.3~2%含むケイ素青銅は加工性よく強く,電気伝導度もあまり下がらないので高抗張力電線に用いる。ケイ素 1.5~2.5%,マンガン 0.25%のエバジュール,ケイ素3%,スズ 1.0%,カドミウム 0.1%の住友 AR合金,ケイ素3%,マンガン 1.1%のハーキュロイなどは単純ケイ素青銅より鍛造性,加工性ともによく,耐食性もよいので化学工業に使われる。ケイ素3~5%,亜鉛 9.0~15.0%の高亜鉛ケイ素青銅 (シルジン青銅) は特に鋳造専用として開発されたもので,流動性よく強さと耐食性がすぐれているので舶用部品に多く用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケイ素青銅の関連キーワード銅合金

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android