コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケソン・シティ Quezon City

1件 の用語解説(ケソン・シティの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケソン・シティ【Quezon City】

フィリピン,マニラ市とその北東マリキナ谷との間の低い丘陵地帯に位置する衛星都市。人口198万9000(1995)。1939年にマニラに隣接するリサール州の4町(カロオカン,マリキナ,パシッグ,サン・フアン・デル・モンテ)の一部が分離・統合されて誕生(当時の人口は4万人弱),当時の大統領M.L.ケソンにちなんで命名された。48年にフィリピン共和国の公式首都に定められ,市中央部に立つケソン記念塔周辺に広大な用地を確保,マニラからの官公庁移転が計画された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケソン・シティの関連キーワードタガログ族フィリピン海フィリピン海溝ルソン島ケソンシティフィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲大マニラフィリピン毛頭虫感染

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケソン・シティの関連情報