コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケプラー望遠鏡 ケプラーぼうえんきょう

百科事典マイペディアの解説

ケプラー望遠鏡【ケプラーぼうえんきょう】

焦点距離(f1)の長い凸レンズを対物レンズに,焦点距離(f2)の短い凸レンズを接眼レンズに使い,これをf1+f2の距離に置いた望遠鏡。像は倒立,倍率はf1/f2に等しい。
→関連項目屈折望遠鏡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のケプラー望遠鏡の言及

【天体望遠鏡】より

…彼の作った望遠鏡は凸レンズと凹レンズとを組み合わせたもので,ガリレイ望遠鏡(またはオランダ望遠鏡)と呼ばれ正立像ではあるが,狭視野のため現在ではオペラグラスくらいにしか使われない。2枚の凸レンズを組み合わせたものをケプラー望遠鏡と呼び,J.ケプラーが11年に発表したものである。これは倒立像だが天文用にはさしつかえなく,倍率を高くしたときガリレイ式に比べて視野をずっと広くとれる。…

【望遠鏡】より

…J.ケプラーは11年《屈折光学》を著し,その中で対物レンズ,接眼レンズともに凸レンズを用いた天体望遠鏡について述べている。これは今日ケプラー望遠鏡と呼ばれるものでC.シャイナーによって15年に作られた。得られるのは倒立像であるが,倍率を高くしても視野を広くとれる長所がある。…

※「ケプラー望遠鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ケプラー望遠鏡の関連キーワードケプラー宇宙望遠鏡ケプラーF1

ケプラー望遠鏡の関連情報