ケベック州言語法(読み)ケベックしゅうげんごほう(英語表記)Quebec language laws

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ケベック州言語法」の解説

ケベック州言語法
ケベックしゅうげんごほう
Quebec language laws

屋外看板・広告などにフランス語以外の使用を禁止した,ケベック州法第 178号。 1988年 12月,最高裁は二言語主義に反してフランス語一元化を定めたケベック州法第 101号 (州公用語法) について,人権憲章で保障された表現の自由を侵害するとして違憲の判断を下したが,ケベック州のブーラッサ首相は同憲章 33条に規定された立法優位原則を利用し,州議会において 101号を廃し,同様の内容の 178号を成立させた。これにより,77年以来のフランス語一元化政策は維持されたが,同時に英語系住民の反発を買い,ミーチ湖憲法協定を廃案にさせる原因ともなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android