コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケベック州言語法 ケベックしゅうげんごほうQuebec language laws

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケベック州言語法
ケベックしゅうげんごほう
Quebec language laws

屋外の看板・広告などにフランス語以外の使用を禁止した,ケベック州法第 178号。 1988年 12月,最高裁は二言語主義に反してフランス語一元化を定めたケベック州法第 101号 (州公用語法) について,人権憲章で保障された表現の自由を侵害するとして違憲の判断を下したが,ケベック州のブーラッサ首相は同憲章 33条に規定された立法優位原則を利用し,州議会において 101号を廃し,同様の内容の 178号を成立させた。これにより,77年以来のフランス語一元化政策は維持されたが,同時に英語系住民の反発を買い,ミーチ湖憲法協定を廃案にさせる原因ともなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケベック州言語法の関連キーワードリッチラー

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android