コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二言語主義 にげんごしゅぎBilingualism

翻訳|Bilingualism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二言語主義
にげんごしゅぎ
Bilingualism

2ヵ国語を国の公用語として定めた言語政策。たとえばカナダでは,公用語法の基盤となっている。カナダの二つのおもな建国民族である,イギリス系カナダ人とフランス系カナダ人の共存,対立,抗争が,国家に独特の性格を与えてきたことをふまえ,英語とフランス語の文化,教育面における平等を原則としている。1963年レスター・B.ピアソン首相は,ケベック州の運動「静かな革命」の影響もあって,カナダにおける二言語,二文化の併存に伴う諸問題を調査するため,二言語・二文化主義に関する王立委員会を任命した。委員会の報告の結果,1968年英語とフランス語をカナダの公用語とする公用語法が提案され,1969年9月より実施された。1982年に制定された権利と自由の憲章では,連邦法廷などにおける英仏二言語サービスの強化,特に行政機構におけるサービスの徹底などに加えて,ニューブランズウィック州を唯一の完全な二言語州とすることや,カナダ全土における少数言語教育権が規定された。近年は多文化主義と併存するにいたっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone