反発(読み)はんぱつ(英語表記)repulsion

翻訳|repulsion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「反発」の解説

反発
はんぱつ
repulsion

ソシオメトリーグループ・ダイナミックス用語で,集団内部での人間関係の拒否,不定的選択の行動のこと。この反対,つまり人間関係の好意的選択は牽引と呼ばれているが,このような概念を使用することによって,人間関係を機能的,力学的に把握し,測定=数量化しようとするものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「反発」の解説

はん‐ぱつ【反発/反×撥】

[名](スル)
他人の言動などを受け入れないで、強く否定すること。また、その気持ち。「―を買う」「運命に―する」
他からの力をはねかえすこと。はねかえること。「磁石の同じ極どうしは―する」
値下がりしていた相場が一転して値上がりすること。⇔反落
[類語](1反抗的喧嘩腰面従腹背つむじ曲がりひねくれ者逆らう悪たれへそを曲げる虫の居所が悪いつむじを曲げる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android