コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルナベ Kernavė

デジタル大辞泉の解説

ケルナベ(Kernavė)

中世のリトアニア大公国における最初の首都。現在の首都ビリニュスの北西約35キロメートル、ネリス川沿いに位置する。旧石器時代の住居跡や墓地遺跡、中世の都市遺跡があり、2004年に「ケルナベの考古遺跡(ケルナベ文化保護区)」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。遺跡のそばに考古学歴史博物館、1920年に建造されたネオゴシック様式のケルナベ聖堂がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android