コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルナベ Kernavė

デジタル大辞泉の解説

ケルナベ(Kernavė)

中世のリトアニア大公国における最初の首都。現在の首都ビリニュスの北西約35キロメートル、ネリス川沿いに位置する。旧石器時代の住居跡や墓地遺跡、中世の都市遺跡があり、2004年に「ケルナベの考古遺跡(ケルナベ文化保護区)」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。遺跡のそばに考古学歴史博物館、1920年に建造されたネオゴシック様式のケルナベ聖堂がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android