ケルマデック海溝(読み)ケルマデックかいこう(英語表記)Kermadec Trench

デジタル大辞泉の解説

ケルマデック‐かいこう【ケルマデック海溝】

ニュージーランド北島の北東端沖から北北東にのびる海溝。最深部1万47メートル。北にあるトンガ海溝とあわせて、トンガケルマデック海溝ともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケルマデック海溝
けるまでっくかいこう
Kermadec Trench

南太平洋にある長大な海溝。ニュージーランド北島の北東端沖から北北東に延び、ケルマデック諸島東沖、トンガ諸島東沖を通りサモアに達する海溝をトンガ・ケルマデック海溝といい、このうちの南半部、ほぼ南緯26度以南をさす。深さは6000メートルを超える。長さ約1500キロメートル。最深部はレスペランス・ロックL'Esperance Rockのはるか西沖にあり1万0047メートル。これは南半球の最深点である。[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android