ケルマデック海溝(読み)けるまでっくかいこう(英語表記)Kermadec Trench

日本大百科全書(ニッポニカ)「ケルマデック海溝」の解説

ケルマデック海溝
けるまでっくかいこう
Kermadec Trench

南太平洋にある長大な海溝ニュージーランド北島の北東端沖から北北東に延び、ケルマデック諸島東沖、トンガ諸島東沖を通りサモアに達する海溝をトンガ・ケルマデック海溝といい、このうちの南半部、ほぼ南緯26度以南をさす。深さは6000メートルを超える。長さ約1500キロメートル。最深部はレスペランス・ロックL'Esperance Rockのはるか西沖にあり1万0047メートル。これは南半球の最深点である。

[半澤正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「ケルマデック海溝」の解説

ケルマデック‐かいこう【ケルマデック海溝】

ニュージーランド北島の北東端沖から北北東にのびる海溝。最深部1万47メートル。北にあるトンガ海溝とあわせて、トンガケルマデック海溝ともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ケルマデック海溝」の解説

ケルマデック海溝
ケルマデックかいこう
Kermadec Trench

太平洋,ニュージーランドの北東,ケルマデック諸島の東,トンガ海溝の南に位置する海溝。最深1万 47m。全長 1500km。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android