コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲルセミウムアルカロイド gelsemium alkaloid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲルセミウムアルカロイド
gelsemium alkaloid

アジア,北アメリカ産フジウツギ科のつる性低木 Gelsemium sempervirensの根から得られるアルカロイド混合物の総称。神経痛,喘息,百日咳などに有効な生薬。主成分は,ゲルセミン,センペルビリン,ゲルセミシンの3種のアルカロイドである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android