コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲントの鐘楼 ゲントのしょうろう

1件 の用語解説(ゲントの鐘楼の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゲントのしょうろう【ゲントの鐘楼】

ベルギー北西部の首都ブリュッセルの西約50km、東フランドル地方の古都ゲント旧市街中心部のコーレンマルクト広場(Korenmarkt)近くにある鐘楼。コーレンマルクト広場の聖ニコラス教会聖バーフ大聖堂とともにゲントを象徴する3つの塔の一つである。1314~1338年に、ギルドによって高さ91mの鐘楼(ベルフォルト)が建てられた。鐘楼には16世紀にカリヨンが設置された。このカリヨンは44個の鐘で構成され、自動演奏装置と連動して演奏を行う。また、鐘楼に上ることができ、ゲントの市街を見渡すことができる。鐘楼の東に隣接する建物は繊維取引所(Lakenhalle、ラシャ取引所)で15世紀の建物である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲントの鐘楼の関連キーワードブリュッセル白耳義ジュドバル広場ブリュッセル公園ブルッヘオメガングフラワーカーペットブリュッセル・グリフォンベルギーと言語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone