コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖バーフ大聖堂 セイバーフダイセイドウ

2件 の用語解説(聖バーフ大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいバーフ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖バーフ大聖堂】

Sint Baafskathedraal》ベルギー北西部、東フランドル州の都市、ヘントにある聖堂。12世紀に建造がはじまり、16世紀に完成。ロマネスク様式とゴシック様式の特徴をもつ。ファン=アイクの祭壇画「神秘の小羊」やルーベンスの絵画があることで有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいバーフだいせいどう【聖バーフ大聖堂】

ベルギー北西部、首都ブリュッセルの西約50kmの東フランドル地方の古都ゲントヘント、〈蘭〉Gent、〈仏〉Gand、〈英〉Ghent)の旧市街の中心部のコーレンマルクト広場(Korenmarkt)近くにある大聖堂。ロマネスク様式ゴシック様式が混在した聖堂で、12世紀に建造が開始され16世紀に完成した。「ベルギーの七大秘宝」の一つといわれているファン・アイク(Van Eyck)兄弟の祭壇画「神秘の仔羊」(De Aanbidding Van Het Lam Gods)やルーベンスの(Pieter Paul Rubens、1577~1640年)の絵画があることで知られる。「神秘の仔羊」は、「ゲントの祭壇画」(Ghent Altarpiece)とも呼ばれているもので、24に分けられた場面から構成されている。ファン・アイク兄弟の兄のヒューベルトがこの聖バーフ大聖堂の三連祭壇画を手がけたが、制作途中の1426年に死去した。これを兄の弟子でもあった弟のヤン(Jan Van Eyck、1387~1441年)が完成させた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖バーフ大聖堂の関連キーワードブリュッセル白耳義ジュドバル広場ブリュッセル公園ブルッヘベルギー国立管弦楽団オメガングブリュッセル・グリフォンベルギーと言語

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聖バーフ大聖堂の関連情報