コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖バーフ大聖堂 セイバーフダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

せいバーフ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【聖バーフ大聖堂】

Sint Baafskathedraal》ベルギー北西部、東フランドル州の都市、ヘントにある聖堂。12世紀に建造がはじまり、16世紀に完成。ロマネスク様式とゴシック様式の特徴をもつ。ファン=アイクの祭壇画「神秘の小羊」やルーベンスの絵画があることで有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいバーフだいせいどう【聖バーフ大聖堂】

ベルギー北西部、首都ブリュッセルの西約50kmの東フランドル地方の古都ゲント(ヘント、〈蘭〉Gent、〈仏〉Gand、〈英〉Ghent)の旧市街の中心部のコーレンマルクト広場(Korenmarkt)近くにある大聖堂。ロマネスク様式とゴシック様式が混在した聖堂で、12世紀に建造が開始され16世紀に完成した。「ベルギーの七大秘宝」の一つといわれているファン・アイク(Van Eyck)兄弟の祭壇画「神秘の仔羊」(De Aanbidding Van Het Lam Gods)やルーベンスの(Pieter Paul Rubens、1577~1640年)の絵画があることで知られる。「神秘の仔羊」は、「ゲントの祭壇画」(Ghent Altarpiece)とも呼ばれているもので、24に分けられた場面から構成されている。ファン・アイク兄弟の兄のヒューベルトがこの聖バーフ大聖堂の三連祭壇画を手がけたが、制作途中の1426年に死去した。これを兄の弟子でもあった弟のヤン(Jan Van Eyck、1387~1441年)が完成させた。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

聖バーフ大聖堂の関連キーワードゲントの鐘楼ファンアイク

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖バーフ大聖堂の関連情報