コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲント市庁舎 ゲントしちょうしゃ

1件 の用語解説(ゲント市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ゲントしちょうしゃ【ゲント市庁舎】

ベルギー北西部の首都ブリュッセルの西約50km、東フランドル地方の古都ゲント旧市街中心部のコーレンマルクト広場(Korenmarkt)近く、鐘楼(しょうろう)の向かい側に建つ同市の市役所の建物。16世紀に建造された建物で、増築・改築を経て、今日に至った。現在の市庁舎はゴシック様式ルネサンス様式の2つの建物がつながっている。スペインフェリペ2世(1527~1598年)によるネーデルランド諸州のプロテスタントカルヴァン派)の弾圧をきっかけに、オラニエ公ヴィレム1世(1533~1584年)を指導者としてスペインに反乱を起こしたが、1576年にカトリックとプロテスタントの融和をはかる和約(ゲントの和約)が結ばれた。この和約の締結の会場となったのがこの市庁舎である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲント市庁舎の関連キーワードブリュッセル白耳義ジュドバル広場ブリュッセル公園ブルッヘオメガングフラワーカーペットブリュッセル・グリフォンベルギーと言語

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone