コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイニング

百科事典マイペディアの解説

コイニング

圧印加工。凹凸のついた上下1対の型で金属板材を強く圧縮し,型の模様を材料に写すプレス加工法。貨幣メダルや電気機器などの小型部品製作に利用。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のコイニングの言及

【貨幣】より

…その種類および様式は大蔵大臣によって定められ(33条),公私いっさいの取引に無制限に通用するものとされ(29条),その発行限度は大蔵大臣が閣議を経て定めるが,日本銀行の判断による限度外発行も可能となっている(30,31条)。【来生 新】
【貨幣の製造】
 金属貨幣はほとんどが鋳造で製造されていたため,コイニングcoiningとは〈貨幣の鋳造〉という意味であった。しかし現在ではコインやメダルなどは圧印加工で製造され,この加工法をコイニングとよんでいる。…

※「コイニング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コイニングの関連キーワード新プラスチック圧印加工鍛造

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android