コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウマクノウキン(厚膜嚢菌) コウマクノウキンBlastocladia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウマクノウキン(厚膜嚢菌)
コウマクノウキン
Blastocladia

藻菌類ブラストクラディア目に属する水生菌類。湧水の池など清い水中に落下した果実 (ナシ,リンゴなどが好適) に発生するものがよく研究されている。そのような果実の皮目などに遊走子が泳ぎつき,菌体を生じるが,その形は樹枝状のもの,不規則な塊状のものなどがあり,その上に円筒形の遊走子嚢を生じ単毛の遊走子を逸出する。また厚膜嚢と称する孔紋のある特異な器官を生じ,休眠ののちにそれからも遊走子を出す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android