コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮目 ひもく lenticel

翻訳|lenticel

5件 の用語解説(皮目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皮目
ひもく
lenticel

樹木の幹の肥大生長に伴い,表皮と中心柱の中間層である皮層内にコルク層が形成されて,幹内外の空気の交流が断たれたのち,気孔に代って空気の流通に役立つ組織。コルク形成層は皮目の部分ではコルク層をつくらず,大型で丸みを帯び細胞壁の薄い填充細胞を外側に向って押出すようにつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひ‐もく【皮目】

樹木の幹・枝・根などにあり、表面のコルク層を破って割れ目状に見える構造。気孔(きこう)の代わりに空気を流通させる。皮孔。

かわ‐め〔かは‐〕【皮目】

料理で、魚の切り身や鶏肉などの、皮がついている側。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひもく【皮目】

樹木の樹皮に形成され、気孔の代わりに植物体内外の通気を行う組織。コルク層の発達した部分に発達する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皮目
ひもく

樹木の幹・枝・根の表面にみられる多少突出した細長いレンズ状の裂け目をいう。表面が滑らかな樹皮ではとくに目だち、裂け目の方向は、根ではつねに横向きであるが、幹や枝では縦向き、横向きがある。皮目は周皮の一部で、皮目の部分ではコルク形成層の活動が活発になり、丸くて大きい填充(てんじゅう)(添充)細胞とよばれる細胞がつくられる。この細胞はコルク化しておらず、また、組織は細胞間隙(かんげき)に富み、細胞の配列は粗雑である。他の周皮のコルク組織では、細胞が緻密(ちみつ)に配列して水分や空気を通しにくい構造をもち、すでにはげ落ちた一次組織の表皮にかわって植物体の保護作用を営んでいるのに対して、皮目の部分では、気孔のかわりに樹皮の内側への通気作用を営んでいる。幹における皮目の裂け目の向きや長さ・幅などは木の種類によってそれぞれ異なっており、樹皮の色・模様、はげ落ち方とともに種類識別のよい目安となっている。[鈴木三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の皮目の言及

【茎】より

…樹皮の形状は種によってさまざまであるが,それはコルク形成層の分化・活動のしかたが多様であるためである。その他,ふつう茎の気孔の下で,コルク形成層に連続した形成層(皮目形成層)から皮目がつくられることがある。皮目は細胞間隙をもち,呼吸に関与している(図2)。…

※「皮目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

皮目の関連キーワード年輪皮層肥大生長樹液樹形樹心中心柱溶岩樹形木質部デンドロリス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皮目の関連情報