コウモリソウ(蝙蝠草)(読み)コウモリソウ(英語表記)Cacalia hastata var. farfaraefolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウモリソウ(蝙蝠草)
コウモリソウ
Cacalia hastata var. farfaraefolia

キク科の多年草。北半球温帯に広い分布をもつ母種 C. hastataの1変種とされる。本州中央部と屋久島に分布し,深山の薄暗い樹下に自生する。高さ 60~90cmに達し,葉は三角状ほこ形で,長さ 10~16cm,横幅のほうがさらに長い。縁は大小ふぞろいの歯牙状鋸歯をもつ。柄は葉身の3分の1ほどの長さで翼はなく,この点が同一母種の別変種とされるヨブスマソウ (夜衾草) と異なる。秋,茎の上部が分枝し,帯紫色の管状花から成る頭状花を多数円錐状につける。痩果は白い冠毛をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android