コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痩果 そうかachene

翻訳|achene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痩果
そうか
achene

小さな乾いた果実で,果皮は硬くて裂開せず,中に1種子をもっているもの。キク科キンポウゲ科などに多くみられる。イネの種子 () なども痩果の一種であるが,区別して穎果 (えいか) と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐か〔‐クワ〕【痩果】

果皮が堅い膜質で、熟すと乾燥し、一室に1個の種子をもつもの。萼筒(がくとう)または花軸の一部が果実の一部を構成する。タンポポキンポウゲなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

痩果の関連キーワードママコノシリヌグイ(継子の尻拭)キツネノボタン(狐の牡丹)オニタビラコ(鬼田平子)ヨツバヒヨドリ(四葉鵯)コウモリソウ(蝙蝠草)ハマニガナ(浜苦菜)ミズヒキモ(水引藻)カンキチク(寒忌竹)チングルマ(稚児車)シロバナサクラタデコアカソ(小赤麻)セイヨウタンポポギシギシ(羊蹄)ヨメナ(嫁菜)マルバオモダカマルバギシギシクルマバハグマガンピ(雁皮)ヒメヘビイチゴミヤマカラマツ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android