コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コウヤクタケ(膏薬茸) コウヤクタケ Corticium

1件 の用語解説(コウヤクタケ(膏薬茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウヤクタケ(膏薬茸)
コウヤクタケ
Corticium

担子菌類ヒダナシタケ目コウヤクタケ科のキノコ。木材の害菌として注意すべきものが多い。日本では約 10種類が知られている。いずれも広葉樹枯れ木に生じる硬いキノコで,傘は柄がなく,不整な半円形,径 10cmをこえるものも多く,上面平坦,下面に子実層がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コウヤクタケ(膏薬茸)の関連キーワードハリタケ(針茸)ヒトヨタケ(一夜茸)ベニタケ(紅茸)えぶりこ猪苓発光菌コウタケシメジホウキタケアンズタケ(杏茸)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone