コウヤクタケ(膏薬茸)(読み)コウヤクタケ(英語表記)Corticium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コウヤクタケ(膏薬茸)
コウヤクタケ
Corticium

担子菌類ヒダナシタケ目コウヤクタケ科のキノコ。木材の害菌として注意すべきものが多い。日本では約 10種類が知られている。いずれも広葉樹枯れ木に生じる硬いキノコで,傘は柄がなく,不整な半円形,径 10cmをこえるものも多く上面平坦,下面子実層がある。多くの管孔を生じ,その内面担子器ができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android