コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コエレ=シリア Coele-Syria; Koilē Syria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コエレ=シリア
Coele-Syria; Koilē Syria

窪地シリアとも呼ばれる。レバノン,アンティレバノン両山脈の間を南北に広がる平原の古名。コエレはギリシア語コイロスに由来し,「窪地」の意。現アルビカー地方。肥沃で農産物 (小麦,ぶどうなど) を豊富に産する。この名称は前3~2世紀にプトレマイオス朝セレウコス朝が争っていた時代には,シリア南部の大部分を含むさらに広い範囲を意味する場合もあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コエレ=シリアの関連キーワードプトレマイオス3世エウエルゲテスプトレマイオス6世フィロメトルプトレマイオス4世フィロパトルプトレマイオス5世エピファネスプトレマイオス窪地シリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android