コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コガシラウンカ Achilidae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コガシラウンカ
Achilidae

半翅目異翅亜目コガシラウンカ科に属する昆虫の総称。いわゆるウンカ類のなかの一群で,長形でやや扁平。茶褐色系で,体長は4~10mm。コガシラとは頭が小さいという意であるが,他のウンカ類に比べて著しく小さいわけではなく,扁平な体の上に前翅が平たくおかれるため,後体部が幅広く見え,頭部が相対的に小さく見えるところからこのように呼ばれる。翅は膜質で,前翅の爪状部脈は先端にまで達している。山地性のものが多く,日本からは十数種が知られる。スジコガシラウンカ Rhotala vittataは,体長8~9mmで,薄茶色の地に暗褐色紋をもつ。本州,九州の山地に分布し,スギ上で生活する。 (→異翅類 , 半翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コガシラウンカ
こがしらうんか / 小頭白蝋虫

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目コガシラウンカ科Achilidaeの昆虫の総称。体はやや扁平(へんぺい)で細長く、頭部はやや狭い。はねは膜質で、前翅の爪(そう)状部脈は先端まで達し、この点でほかのウンカ類(ハゴロモ上科)と区別される。日本には約10種が知られており、体長(翅端まで)が10ミリメートル前後のやや大形の種を含む。スジコガシラウンカRhotala vittataやナワコガシラウンカRh. nawaeはスギに寄生するといわれ、灯火にも飛来する。越冬態をはじめとして、生活史はまだよくわかっていない。[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コガシラウンカの関連キーワード赤斑小頭浮塵子団扇小頭浮塵子名和小頭浮塵子縞小頭浮塵子条小頭浮塵子小頭白蝋虫小頭浮塵子

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android