コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コガシラウンカ コガシラウンカ Achilidae

2件 の用語解説(コガシラウンカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コガシラウンカ
コガシラウンカ
Achilidae

半翅目異翅亜目コガシラウンカ科に属する昆虫の総称。いわゆるウンカ類のなかの一群で,長形でやや扁平。茶褐色系で,体長は4~10mm。コガシラとは頭が小さいという意であるが,他のウンカ類に比べて著しく小さいわけではなく,扁平な体の上に前翅が平たくおかれるため,後体部が幅広く見え,頭部が相対的に小さく見えるところからこのように呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コガシラウンカ
こがしらうんか / 小頭白蝋虫

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目コガシラウンカ科Achilidaeの昆虫の総称。体はやや扁平(へんぺい)で細長く、頭部はやや狭い。はねは膜質で、前翅の爪(そう)状部脈は先端まで達し、この点でほかのウンカ類(ハゴロモ上科)と区別される。日本には約10種が知られており、体長(翅端まで)が10ミリメートル前後のやや大形の種を含む。スジコガシラウンカRhotala vittataやナワコガシラウンカRh. nawaeはスギに寄生するといわれ、灯火にも飛来する。越冬態をはじめとして、生活史はまだよくわかっていない。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コガシラウンカの関連キーワードウンカ半翅類異翅類コガシラアブ同翅類小頭コナカゲロウ(粉蜻蛉)サシガメ(刺亀)ツチカメムシ(土亀虫)キガシラウンカ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone