コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コケセンボンギク Lagenophora lanata A.Cunn.

1件 の用語解説(コケセンボンギクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コケセンボンギク【Lagenophora lanata A.Cunn.】

アジアの熱帯に分布の中心をもち,オーストラリアから日本にかけて生育するキク科の小型の多年草イラスト)。日本では広島県厳島が最北の産地である。和名のコケは本種が小型であることを,またセンボンは小さな頭花を頂生する花茎を数多くつけることを表したものである。ちなみに,同じキク科のセンボンヤリもその花茎が1000本の槍に見えるとして名付けられている。葉はロゼット状で,長さ12~30cm,幅7~13mmの長倒卵形で,軟毛が密生している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コケセンボンギクの関連キーワードオーストロアジア語族旧熱帯区ツワブキヤムコレウス南アジア語族石崖蝶ココヤシオーストリアン・スムース・ブラッケ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コケセンボンギクの関連情報