コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココット ココット〈フランス〉cocotte

デジタル大辞泉の解説

ココット(〈フランス〉cocotte)

調理器具の一。耐熱性で深みのある、円形あるいは楕円形の小型の器。また、この中で調理した料理はそのまま供することが多いことから、これを用いた料理もいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ココット【cocotte(フランス)】

①小型の円形または楕円形の耐熱容器。陶器が多いがガラス製のものなどもある。また、これを用いた料理。特に卵を割り入れて焼いたものをさすことが多い。
②厚手のふた付き両手鍋。特に、鋳物で直火のほか鍋ごとオーブンに入れて煮込み料理などに用いることができるものをさすことが多い。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ココット【cocotte】

キャセロール に同じ。
卵料理に用いる一人用の小型容器。また、それに盛った料理。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ココット【cocotte〈フランス〉】

➀小型の円形または楕円形の耐熱容器。陶器が多いがガラス製のものなどもある。また、これを用いた料理。特に卵を割り入れて焼いたものをさすことが多い。
➁厚手のふた付き両手鍋。特に、鋳物で直火のほか鍋ごとオーブンに入れて煮込み料理などに用いることができるものをさすことが多い。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のココットの言及

【キャセロール】より

…火の当りが弱く全体を均一に加熱することができるので,シチュー,蒸し煮,蒸し焼きに用い,そのまま食卓にも出す。同様の使い方をするものにココットがある。【佐々田 道子】。…

※「ココット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ココットの関連情報