ココロブト(読み)こころぶと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ココロブト
こころぶと / 心太

寒天の異名。また、ところてんの異称でもある。元来は、テングサから煮出した浸出液が凝固した粗製寒天のことであったが、現今では寒天との区別がなくなった。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android